« お見舞い申し上げます | トップページ | 花粉症とアロマ 2 »

2011年4月11日 (月)

花粉症とアロマ 1

こんにちは 米沢市のアロマサロン&スクール アロマシャワーの

村山です(* ̄ー ̄*)

やってまいりました 症状が出てまいりました

花粉症の季節到来です

かくいう私も数年前からデビューいたしております

お薬も素晴らしい!のでありますが

ホメオの直輸入サイトでもオススメしておりますが

花粉が飛んでしまう前の 予防~身体をつくっておくことが一番

でも症状がでてしまったら お薬も併用しつつの 自然療法を です

自然療法だけではすっきり改善するまでには長くかかるということもあるからですね

しかし・・お薬というのも色々・・・あるようで

あまり効かなくなる気がする⇒ 医者に相談 ⇒強めの薬

という事になってしまいます

私 などは目の事がありますので

この薬は合わないんだよね どうする??と言われてしまうのであります

そうなると私などは必然的に代替療法に目を向けざるをえなくなります

やはり症状を抑える薬に頼るだけではなく、

本質である身体をちゃんとメンテしないといけないなと思うのです

お腹の調子はどうですか?

ヨーグルトでも腸内環境の大切さをうったえております

このあたり 東洋医学でも肺と大腸は陰と陽でペアをなし

花粉の症状も大腸との関係と深かったりします

また自然の力を借りて

免疫機能を調整してくれる成分や粘膜の炎症を抑える1.8シネオールという成分

が多くふくまれる精油もおすすめです

ティートリー :免疫調整作用や1.8シネオールを含み呼吸器系や免疫系にも効果的

ユーカリ ラディアタ:抗菌性高く、粘膜の炎症を抑える1.8シネオール68%以上

ローマンカモミール:鎮静作用、抗炎症作用、アレルギー性疾患におなじみな精油

ペパーミント:すっとした香りは万人に好まれています

ティッシュにたらしてすーっと深呼吸、 お部屋に香らせたり、

キャリアでうすめて鼻の両脇に一滴など・・・方法はさまざま

ご自分のライフスタイルにあわせて是非お試しになってくださいませ

※精油は薬ではありません。注意が必要なものもありますので

ご自身の責任と判断で使用して頂くものになります

またお買い求めの際は成分分析のしっかりとしたブランドの精油をお求めになり

注意事項をご確認のもとのご使用をおすすめいたします

|

« お見舞い申し上げます | トップページ | 花粉症とアロマ 2 »

1-サロンからのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お見舞い申し上げます | トップページ | 花粉症とアロマ 2 »